阪神間の不動産情報 住宅・マンション・土地のご相談は大恵住販へ

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-14

  • HOME
  • Wit 平野西(全7区画) | 施工事例のご紹介

施工事例

Wit 平野西(全7区画)

北向き建物の悩み

Wit 平野は全区画が北向きの家でした。「北向き」と聞いて最初に思い浮かぶデメリットは採光の問題ではないでしょうか。だけどもご存じですか? 間口の大きさによれば北向きの家は南向きの家に劣らないポテンシャルを秘めているのです!

 

宝の持ち腐れになるかも……

建築中の様子です。外壁にはガルバリウム鋼板を使用しています。
建築中の様子です。外壁にはガルバリウム鋼板を使用しています。

南向きの家を建てる際、南側正面に玄関を持ってくるのが通常です(間口が狭ければ尚更)。そして玄関を持ってきてしまうとホールや階段などの移動するための空間も必要になるため、それらが南面の大半を占有してしまうことも・・・・・・

 

 

そうなると肝心のLDKが南向きの恩恵を受けれない状況に陥ります。これは非常に勿体ないです!

「間口が狭いけど、南向きだから――」と安易に判断してしまうのは、のちのちの後悔を生むことになるかもしれません。

メリットも意外と多い

初期の手描きパース。味はありますが、やっぱり3DCGが綺麗ですね。
初期の手描きパース。味はありますが、やっぱり3DCGが綺麗ですね。

北向きの家のメリットは、当然のことながら南向きの家よりお安く購入できるということです。

さらにWit 平野のような北向きの家は、そうした玄関等々を北側に集中させることで、南側のスペースを無駄にすることなくLDKをもってくることができるのです!

南側隣地から少しばかり下げて家を建築すると、陽当たりも確保できて、状況によっては南向き住宅も顔負けの採光も夢ではありません。 多くの方の目に入る家の正面も、直射日光にさらされることがないので、通常よりも外壁が傷みにくいなんて利点も。

 

北向きの家というのも、意外と良いものですよ。

Q&A

▲ このページの上へ